宇宙意識とのコンタクト技術について

前回、瞑想で宇宙意識に入る方法を紹介したのであるが、SNSやブログでかなりの反響がありました。半面、気功サークル会員の方で、「その通りやってみたが宇宙意識を感じるところまでは行けなかった」という声もありました。ある程度変性意識状態にはなれたようです。変性意識、いわゆるトランス状態になったのに宇宙意識に繋がらなかったという場合、大抵は繋がっているのにそれを感じることが出来ない。つまり、コミュニケーション技術に問題があるかもしれません。

宇宙意識とのコンタクトはほとんどがテレパシーによる非言語通信です。言葉で降りてくると勘違いしているかもしれませんが、言葉による信号の場合、自身の願望が反映されている場合がほとんどです。(生きている人や最近亡くなった身内など親しい人とのコンタクトは例外ですが、・・・・・この場合でも非言語のことが多いのですが、)
非言語通信とは湧き上がる感情であったり、イメージであったりします。実は宇宙の共通言語はテレパシーによる非言語通信です。もちろん宇宙人も非言語通信ですから、YouTubeなどで宇宙人に遭遇し言葉で会話したなどは真っ赤なウソです。
素晴らしい絵画や、音楽などで感じるものと同じものです。

もう一つ、気を付けることは、過剰な期待などが頭を占拠していると感じることが出来ません。頭が空(カラ)でないと、微細な信号に気づけません。その意味で頭を空にして気功に打ち込むことはとても良いことです。

宇宙意識に入る

先日ですが、主催する【気功サークル】で、何気なくスピリチュアルな話題に触れたところ、会員さんから、瞑想、スピリチュアル、引き寄せの法則、に興味を持ち、ワークショップに参加したり、波動や量子力学の文献を読み漁ったが、宇宙意識と繋がる方法がわからないとの声があがり、瞑想の仕方を教えてほしい・・・・・との要望でした。サークルの時間も迫っていたので、後日ワークショップを開くと約束し、実行しました。
私し的には「何をいまさら、・・・・・」と言う思いでしたが、本人は必至で「無に成れ・・・・・」と言うがその方法がわというのです。それはまさにその通りで、人間は眠っているとき以外“無”にはなれないのです。確かに、無に成れという言葉は無責任です。言っている本人だって無にはなっていないでしょう。
私なら、「体を感じないレベルまで意識を落とせ」と言います。体とは「五感」です。見ない、聞かない、嗅がない、味わない、体感しない、です。さらに言うなら考えないです。方法は簡単です。体の一部(例えば両腕)に意識を集中し、“気”の流れを一心に観察するのです。無心は無理ですが、ゼロ(0)に一番近いのは1です。一心に集中するのです“気”は波動です。つまり波動を感じることにより、宇宙の波動も感じることが出来るのです。多少のコツは必要ですが、すぐに慣れると思います。気功の熟練者が“気”を感じることが出来るのは常に【内気=波動】を観察しているからなのです。私はこれを【宇宙意識】と呼んでいますが、レイキや瞑想など、スピリチュアル世界に一番必要なことは、決定的な宇宙意識体感=自分の脳が宇宙と繋がる感覚を味わう体験であり、これにより一瞬で宇宙の法則を感覚として掴めます。・・・・・簡単なことですが、これをセミナー化して儲けている人が居るから、世の中は面白いですね。

 

整体師をリタイアして初めての投稿です。

、古田島 粛豪(本名:正敏) は、体調不良のため、心ならずも“気功整体・癒しの空間”を閉店することといたしました。
2023年4月14日、緊急入院のため、皆様へのお知らせが遅れましたことをお詫びいたします。
体調不良の原因は完全房室ブロックという珍しい病気ですが、7年前に一度患った病気の再発です。今回は回復が難しいためペースメーカを入れることとなりました。担当医には、3か月静養のうえ、仕事量をセーブすれば、復帰は可能だと言われたのですが、店舗貸主のベルシティ(鈴木組)さんより、10月に店舗を閉鎖するので契約を解除してほしいとの要請があり、残念ですが店舗を閉鎖することといたしました。

60歳で脱サラし、13年間、会員様も1500人を超え、思えば楽しい仕事をさせていただきました。一指禅推拿に加え、得技の“催眠”と、認定心理士資格を生かし、整体・ヒプノセラピーの二本立てで行って行ってきましたので、お客様のすそ野も広く多岐に渉り、幅広く交流させていただいたことは良い思い出であり、私の精神的な財産となりました。改めてお礼を申し上げます。

私の現在ですが、20年以上続けた“ 気功・太極拳サークル 秋葉 ”に加え、昨年から、新潟市新和の公民館で“ 気功・太極拳サークル Smile ”の講師をしております。そのほか、推拿の技術を絶やしたくないので学習グループ・理学推拿研究会を立ち上げ、5人のお弟子さんの養成をしております。そんなわけで、引退したとは言え、結構忙しいのです。
また、以前のお客様で「整体はあなたでなければだめ・・・・・」と言われる方が何人かおられて、請われてお弟子さんの店を借りて予約制で推拿の施術もしております。
先日のことですが、“ サークル・秋葉 ”で何かの拍子で、自身のスピリチュアル体験の話をほんの少ししたのですが、会員さんの中から、その話をサークルとは別にぜひ講演してほしいと請われ、試しにワークショップ形式で行なったところ、とても好評を得ました。
定期的にワークショップを行なって欲しいという要望も受けました。そういえば、最近やたらと、「幽体離脱」や「死後の世界」などのタイトルの刊行物や動画が目立つような気がします。YouTubeなどで、地球のアセンションが始まった・・・・・などの話題が溢れています。
なにか、以前と違う世界に入ったのかな?・・・・・と思う今日この頃です。
次回はこの話をしてみたいと思います。

 

 

再びパワースポットについて

前回のクイズです。広々とした明るい野原と草木の生い茂る山河ではどちらがパワーがあるでしょうか?

答えは、草木の生い茂る山河 です。理由は表面積の違いです。
地表が受ける太陽エネルギー = “気” とすると、
左図のように錐形は面積が多くなります。この図では表面積は投影面積(水平面積)に比べ、3.5倍になっています。

太陽光発電に例えると解かり易いでしょう

発電パネルと発電量の関係

パネルの傾斜角を30°とすると、12時(真南)では発電効率100%ですが真東および真西(地平線から出たばかり)でも83.7%の効率です。これの3.5倍の効率で発電しますから平地と山岳地帯では太陽光エネルギーの降り注ぐ量が圧倒的に違うことが理解できるでしょう。加えて、山に生い茂る樹木の表面積と葉の表面積を加えたらそのエネルギーはとてつもなく大きいものとなります。
このようなことから、風水では山の連なる山脈のことを“龍脈”とよび、パワーの源とします。
パワースポットと呼ばれる神社・仏閣が南斜面の山の麓にあるのは、これが理由です。もちろん、パワーの源泉は太陽だけではありませんが、龍脈はパワースポットを認定するにあたって大事な要素です。

次回はパワースポットを認定するにあたり考慮するその他の要素について話したいと思います。

 

パワースポットについて

最近、YouTubeを見ていると、パワースポットについての紹介動画がたくさん見られます。注意してみているとUP主によって、「パワースポットの何たるか?」・・・・・が少しづつ違うようです。読んで字のごとく英語でパワーのある場所ですがパワーとは何でしょうか?、人によっては気持ちの良い場所であったり、お金が儲かりそうな場所であったり、様々です。

“源”は気功師ですので、パワーとは“気”であり、“気”とは生命力を増進させる存在そのものと考えます。ですから“源”にとってパワースポットの定義は「その土地に生命力を増進させるパワーのある場所」となります。これは「風水」の考え方とほぼ一緒です。風水というと、難解なものと思われる方が多いでしょうが、実は簡単です。風水のパワーの源(みなもと)は太陽であり、太陽の恩恵を沢山受けられる場所がパワースポットなのです。此処で言う太陽とは東洋思想では太極と表現されます。太極は陰と陽を包括したものです。太陽パワーは陽気ですが、これまた東洋哲学で陽が極まると陰に転ずると説きます。陰を生み出すのは陽なのです。

この世は陰陽が織りなす現世(うつしよ)ですから、陰陽のバランスが悪い所はパワースポットとは呼べません。例えばカンカン照りの砂漠はパワースポットではありませんし、昼尚暗きジャングルもパワースポットではありません。

パワースポットの見分け方は、太陽の恩恵をどれだけ受けているか、と同時に陰陽のバランスがどれだけ取れているかがポイントです。また、地形からも判断できます。風水の理想に「阿是穴」という地形がありますが、見事に陰陽のバランスが取れています。

此処でクイズです。広々とした明るい野原と草木の生い茂る山河ではどちらがパワーがあるでしょうか?

この答えは次回にUPします。お楽しみに!

 

こんにちわ&こんばんは!

ようこそ、「気功・レイキ・オーラ・スピリチュアルなこと」改訂  WordPress ページへ
YAHOOジオシティズの閉鎖に伴い、こちらに引っ越しました。
引っ越しに伴い、ブログを追加しました。
現在、旧記事の引っ越し作業中です。従前ページ以上に情報公開とコミュニケーションに努めますのでよろしくお願いします。

気功師:“源” こと古田島 粛豪